借入はと無理のない返済計画を立てた上で

お金が足りなくなれば、キャッシングで簡単に借入できる時代です。消費者金融や銀行などのキャッシングカードが無くても、クレジットカードなどにもキャッシング機能がついているので、おそらく多くの人がお金を借入しようと思えばすぐに可能な状態にあることでしょう。しかし、簡単に借入できるからといって、無計画だと後で困ることになります。ある程度の返済計画をきちんと考えた上で借入することが重要です。たとえば、次のボーナスで返済するとか、月々1万円で返済するといった具合です。ところで、消費者金融からお金を借入する場合、年収の3分の1が上限となっています。これを総量規制と言いますが、年収の3分の1というのが返済可能なギリギリのラインということです。もし年収が300万円であれば100万円、年収が600万円であれば200万円までということです。生活費は特別な失費がないときもあれば、病気や旅行、大きな買い物などで通常よりも大きな失費がでることもあるので、ある程度余裕のある生活が大切だということです。

総量規制は消費者金融1社あたりの上限ではなく、複数の消費者金融を利用している場合は、それらすべての借入金の総額が年収の3分の1までになります。なお、ごまかそうと思っても業者同士ネットワークでつながっているので、ごまかすことはできません。もし、年収の3分の1以上を貸し付けると、その業者がペナルティをもらうことになるので、その点はきっちり審査されます。ちなみに、自動車ローンや住宅ローンなどは総量規制の対象外となっています。これらのローンもある程度織り込んで年収の3分の1という上限が設定されたのでしょうが、無理のない返済を行っていくためにも自動車ローンや住宅ローンなどを組んでいる場合、ユーザー自らがこれらの返済も考慮しつつ借入学を考える必要があります。万一、支払いが不能になってしまうとカードを利用することができなくなってしまうばかりか、次に新たに作ろうと思っても、しばらく作ることが出来なくなってしまいます。