貸金業法の改正で定められた借入限度額と利息の上限

どうしてもお金が必要なときキャッシングは便利です。かつては大金を貸したり高い利息を付けてお金を貸し出すサラ金や闇金と言われるところでお金を借りて返済のため生活苦に追いやられるということがありましたが、貸金業法の改正によって、無理なく返済できる範囲での借入しかできないことになりました。現在キャッシングは消費者金融でも銀行カードローンでもできます。銀行の場合は貸金業ではないので、貸金業法に該当しませんが、消費者金融は貸金業なので貸金業法に反して営業をすると罰せらることになります。さて貸金業法の改正によって変わったのは主に借入限度額と利息です。申込者の希望通りの額を貸して高い利息を付けていれば、借りた方は返済に困りお金が返せなくなり、貸す側も貸した分を回収できなくなります。しかし借入限度額を設定することによって無理なく返済ができるようになります。借入限度額は個々によって違います。申込者の年収の3分の1までが借り入れの限度額になります。年収が300万円だと最高で100万円までということです。その限度額を決めるためには申し込み時に年収や勤務先、勤続年数、他社での借入なども申請して審査をしてもらう必要があります。

申込者本人が「600万円の年収がある」と申請してもそれが虚偽の内容で実際はもっと少ないとか、実際は申し出た会社では勤務していないということもあるので、審査では申し出た勤務先に在籍確認をすることもあり、申請した内容と確実に合致していることがわかれば年収の3分の1までを最高の限度額として融資することになります。しかしはじめから最高限度額とするのではなく少額からはじめ、きちんと返済しているかどうかを確認しながら増額していきます。お金の貸し借りは業者が相手でも信用が第一なのです。利息に関しても最高でも20%と定められたので、延滞時に20%という最高の利息にしている以外はもっと14%から18%くらいの範囲で定めているところが多いです。